火葬式の知識

直葬(火葬式)での香典返しの品物と相場を解説!表書きについても

  • 直葬でお別れしたんだけど、親戚や故人の友人から香典を頂いて、香典返しをしたいんだけど、いつぐらいに香典返しを渡せばいいんだろう。
  • 香典返しは不要って言われたんだけど、近い親戚だし返した方がいいのかな?
  • 会社からの香典を頂いたんだけど、香典返しはした方がいいのかな?

 

こんな疑問に答えていきたいと思います。

 

直葬は香典や弔電を辞退する事がほとんどですが、中には香典を郵送で送って頂いたり、お返しは不要だからと言って渡される事があります。

 

このような場合、当初はお返しの予定も無かったので考えなかったですが、お返しを送るタイミングや香典返しの品を考えなくてはなりません。

 

そこで今回は、直葬で頂いた香典のお返しをするタイミングと送る品、お礼状について解説していきたいと思います。

 

この記事でわかる事

  • 香典返しを送るタイミング
  • 香典返しで選ぶ品
  • 香典返しと一緒に送るお礼状の例文

 

この記事を読めば、直葬で香典を頂いた場合の香典返しのタイミングやお返しの品、挨拶状について理解することができます。

 

香典返しを送るタイミング

香典返しを送るタイミング

香典返しを送るタイミングは「忌明け」が一般的です。

 

なぜなら、香典返しは「無事に四十九日法要が済みました」という報告の意味でお返しするものだからです。

 

一般的な葬儀だと、受付で香典を頂いたら「即返し」と言って、その場で香典返しをお渡しする事も多いのですが、直葬の場合は通夜も告別式も省く事になりますので、頂いた香典のお返しは「忌明け」を目処にするといいでしょう。

 

ただ、地域や風習で忌明け前に送る場合もありますので、近くに聞ける親族が居る場合は聞いてみた方が確実です。

 

香典返しの品物の平均金額

香典返しの平均金額は「頂いた香典の半額〜3分の1」と言われています。

 

金額に開きがあるのは、関東では「半返し」関西では「3分の1」が相場とされている為です。

 

ただ、現在は各地方から葬儀の参列者が来る事もあり「半返し」が一般的となっています。

 

また、子供が未成年だったり、一家の稼ぎ手が亡くなった場合は、半返しにする必要はなく、その場合は3分の1か4分の1の金額で香典返しをしても問題ありません。

 

ただ、これは一般的な平均金額であって、地域や家庭によって大きく変動するので、確認が必要です。

 

会社への香典返しはどうする?

会社への香典返しはどうする?

会社関係の方から香典を頂いた場合、慶弔金なのか個人からなのかで香典返しをするかは変わってきます。

 

慶弔金の場合は、お返し不要が一般的です。

 

なぜなら、慶弔金は会社の慶弔規定に基づく弔慰金だからです。

 

お礼状を送ったり、忌引き明けで出勤した際にお礼を述べれば問題はありません。

 

会社関係で個人の香典の場合は、香典返しをする方がいいでしょう。

 

香典返しで選ぶ品物や表書きについて

香典返しで選ぶ品物

香典返しで選ぶ品物は、後に残らない食品や、日用品などの消えものと言われている品物がいいです。

 

これは不祝儀を後に残さないという考えからきています。

 

香典返しで選ばれている品物は以下の通りです。

 

  • お茶
  • コーヒー
  • 海苔
  • お菓子
  • 石鹸や洗剤
  • タオル

 

香典返しで選んではいけない品物

香典返しの品は何でもいいというわけではなく、失礼にあたる品物もあるので注意しましょう。

 

香典返しで失礼にあたる品物は以下の通りです。

 

  • 生肉や生魚のギフト
  • お酒などの嗜好品
  • お祝い事に使われる鰹節や昆布

 

以上の品物が香典返しの品物ではタブーと言われています。

 

香典返しに掛け紙は必要?

香典返しを送るとき「熨斗(のし)は必要なのか」迷うことがあると思いますが、熨斗(のし)は不要です。

 

熨斗(のし)は、熨斗あわびと言って、水引の上の部分にある赤い模様のことを言います。

 

これは弔事の場合、使われないので注意しましょう。

 

祝い事などの慶事では熨斗の付いてる掛け紙を使います。

 

現在では水引も印刷されたものがあるので、熨斗の有無を確認してからかけるようにしましょう。

 

香典返しの表書き

香典返しの表書きは「志」と書くのが一般的です。

 

書き方も「満中陰志」「粗供養」「偲び草」「茶の子」「忌明志」「○周忌」など地域で色々とあります。

 

そして、水引の下に「〇〇家」または「喪家の姓」を書くのが一般的となっていますが、今は喪主のフルネームで書くところも増えてきました。

 

香典返しと一緒に送るお礼状(挨拶状)の例文

香典返しと一緒に送るお礼状(挨拶状)の例文

香典返しのお礼状(挨拶状)は、香典へのお礼と四十九日を無事に終えた事を報告する為に出すものなので、香典返しを送る際には一緒に送るようにしましょう。

 

例文は以下の通りです。

 

例文

拝啓

先般の亡母〇〇儀の死去に際しましては

ご厚志をたまわり 感謝の念に堪えません

あまりに早い旅立ちに 私も心の整理がつかない状態ですが

今はただ一心に冥福を祈るばかりでございます

つきましては供養のしるしに心ばかりのものをお送りいたしますので

お納め下さいますようお願い申し上げます

略儀ながら書中をもちましてご挨拶まで 謹白

 

例文

先日は父〇〇の旅立ちに際し ご厚志をたまわりまして

本当に有難う存じました

おかげさまでこの度納骨も済みましたので

謹んでお知らせ申し上げます

生前のご厚情への感謝をこめて心ばかりのものを

お送りいたしましたので何卒 ご受納くださいませ

右略儀ながら書中を持ちましてご挨拶まで

 

というふうに書くと無難です。

 

香典返しの品物で悩んだらギフトカタログにするのが1番

 

香典返しの品物は、遺族からの感謝の気持ちなので頂いた方も有り難く頂戴するんですが、送る側としては喜んで欲しいものですよね。

 

しかし、香典返しの品物を自分で選ぶとなると種類が多く、悩んでしまいがち。

 

悩みに悩んで日にちばかりが過ぎるよりも、カタログギフトを香典返しとして送り、相手の好きなものを選んでもらった方が遺族としても早々に肩の荷がおります。

 

おこころざし.comでは、カタログギフトや、タオル、お茶などのカタログギフト以外の商品も幅広く取り扱っています。

 

また、香典返しの挨拶状、掛け紙や表書きも無料の特典としてついてくるので、遺族側が香典返しを選ぶ負担を最大限に軽減することができます。

 

大切な方を亡くした寂しさの中、香典返しまで選んでる余裕がない事も多々あります。

 

もし「香典返しの品物を選ぶほど心に余裕がない」「香典返しに何を選べばいいのかわからない」という事があるのであれば、1度見てみてもいいかもしれません。

 

おこころざし.comの公式サイトはこちら

【まとめ】直葬(火葬式)での香典返しの品物と相場を解説!表書きについても

香典返しは「故人に供えて頂いた香典へのお返し」です。

 

香典を辞退していても、生前お世話になった方から送られてくる事もあります。

 

その際は、感謝の気持ちを込めてしっかりとお返しをしていきましょう。

-火葬式の知識

© 2021 火葬式の解説本 Powered by AFFINGER5